下痢の時の対処法

浜松市の腸もみサロン kukka puutarha クッカプータルハの都甲順子です。

 

 

胃腸風邪が流行っているそうです。

 

と言う私も娘も流行りに乗ってしまいました。

 

同時に下痢したので食中毒を疑いましたが、仲良く胃腸炎にかかっただけでした。

 

さて、ひどい下痢の時の対処法です。

 

【下痢止めは飲まない】

ウイルス性、細菌性の下痢の場合はウイルスや細菌が腸にいる限り下痢を止めてはダメです。

腸は、細菌を出そうとして下痢を起こしてくれているのです。

出先などで緊急の場合以外は、お薬で止めないこと。

 

【2日くらいは絶食】

よく、下痢しても体力がなくなっちゃうから、と頑張って食べようとする人がいますが、逆効果です。

食べたら下痢します。

2日くらい食べなくても大丈夫です。

低血糖の人はお粥を少し食べるといいです。

 

【水分補給は忘れずに】

体内の水分が出てしまうので、白湯は様子を見つつ飲みましょう。ポカリスエットや経口補水液じゃなくても大丈夫です。
少し塩や梅干しなどを舐めておいてください。

 

あれば飲んでおくといいのが
【アミノ酸と五苓散】

栄養がとれないので、アミノ酸をサプリメントでとるか、もしくはお出汁です。

五苓散は体内の水分調整をします。
水分が多くなり過ぎている低気圧の時にも効きますが、逆に水分が足りない下痢の時にも効果を発揮します。

実際、消化器内科でも五苓散が出ました。

1番大事なのは
【睡眠をとること】

体を休めてあげましょう。

以上、胃腸炎になった腸セラピストがタイムリーにネタにした投稿でした。笑

 

腸もみのご予約はこちら

http://kukkapuutarha.com/about-course/

LINEからもどうぞ

友だち追加

 

#腸もみ
#腸セラピスト
#腸セラピー
#下痢
#胃腸炎
#胃腸風邪
#お腹の風邪