便秘じゃない=腸が元気 とは限らない

浜松市の腸もみサロン 腸セラピー kukka puutarha クッカプータルハの都甲順子です。

 

 

健康や美容を考える時、1番大事なのは【腸】です。

 

なぜか?

 

腸からしか栄養を吸収することが出来ないからです。

 

その腸が、小麦粉や乳製品の摂りすぎ、添加物やストレスにさらされ、粘膜に炎症が起きて、血液の中に未消化物や有害物質が漏れてしまうことをリーキーガットと言います。

 

リーキーガットになると、アレルギー、肌荒れ、低血糖、頭痛、肩こり、様々な不調とつながって行きます。

 

言わば不調のおおもとが腸の炎症なのです。

 

そこを治さないで表面だけを何とかしようとするのは笑止千万、火を燃やしながらジョウロで水をかけているようなもの。

 

ちなみに、便秘じゃない=腸が元気 ではありません。

 

リーキーガットを治すのは、まずは腸の炎症になる食べ物を除去します。

 

小麦粉製品、乳製品、添加物、精製砂糖など。

 

まずは2週間でいいので完全に抜いて下さい。

 

本気で治したいなら控えるだけじゃダメです。

 

そして、腸の炎症を抑える作用のあるものを取り入れます。

 

おススメなのは、グルタミンが豊富なボーンブロス(骨のスープ)です。

 

コラーゲンもたっぷりです。

 

スープなので、消化吸収がしやすく、取り入れやすいタンパク質です。

 

しかし、ボーンブロスを自分で作るなんて私にはハードルが高いので、こちら日本スープ株式会社の丸どりだしデラックスを購入。

https://item.rakuten.co.jp/nippon-soup/010/?scid=af_sp_etc&sc2id=af_113_0_10001868

化学調味料や酵母エキスなど一切使わず、お肉のついた丸鶏をじっくり炊き出した優秀なスープストックです。

 

カレーに使ったり、野菜を入れてスープにしたり、リゾットや鍋にも。

 

顆粒のコンソメでは肝心なコラーゲンなどのタンパク質は摂れませんからね。

 

今日も朝ごはんに、このスープに長ネギを切って入れ、卵でとじて簡単スープを作りました。

 

時間がないって言い訳してる人にオススメです。

 

インターネットで買えますよ。

 

年末年始、胃腸を酷使する時期です。

 

胃腸を労わるにはボーンブロスやお出汁を飲みましょう!

 

血糖値の安定にも良いので、夕方の空腹時や、夜間低血糖を防ぐために、寝る前に少し飲むのもオススメですよ。

 

来たる忘年会シーズンに向けて、胃腸を整えておきたい方は是非腸もみを!

 

ご予約はこちら

 

料金・ご予約お申し込み

 

電話カウンセリングも行なっています。

 

遠隔カウンセリングを始めます。

#腸もみ
#腸セラピー
#リーキーガット
#タンパク質
#ボーンブロス