脳をだまして病気をやめる。

過敏性腸症候群のお客様が病院の先生に、
「過敏性腸症候群は治らないからうまく付き合っていきましょう」
と言われた。
とか、
へバーデン結節の方が病院の先生に
「運が悪かったね」
と言われた
など、
そんな話を時々聞きます。
病院の先生や、第三者の言葉により、そう思い込んでしまうことがよくあるのではないでしょうか?
まぁ、病院の先生も、私のような健康に携わる者も、安易に「治ります」とは言えないのですが、
それでも、「治らない」とか、「運が悪かった」、なんて言われたら強烈に潜在意識に残ってしまうじゃないか!!って、ちょっと腹が立つのです。

 

 

病気や体の不調は脳の動かし方によって治すことが出来る。
間違った思い込みやセルフイメージを変えることで様々な病気、難病が解消していくと言うことを、症例を挙げながら説明しているのがこの本、
「梯谷幸司  本当の自分に出会えば、病気は消えていく」
なのですが、本当にそうなんだろうなと思います。
ストレスによる自律神経やホルモンの働き、潜在意識が及ぼす影響などを知らないで読んでいたら、
ほんまかいな!!
ってなっていたかもしれません。
これまでも、潜在意識やトラウマ、自然治癒などの本をいくつか読んでいたので、
なるほどどれも言いたいことの根底は同じなんだな~と改めて思いました。
詳しくはこの本を読んでみてもらいたいのですが、
私がやってみて欲しいことをひとつだけ紹介します。
それは、今ある病気や不調を過去のこととして話すことです。
例えば、
過敏性腸症候群で緊張すると下痢をするなら、
「緊張すると下痢をすると思ってたんだよね。」
「過敏性腸症候群だと思ってたんだ。」
「過敏性腸症候群だったけど治った
という感じ。
口に出して言ってみるだけです。
脳は聞こえた言葉に騙されてくれます。
逆に、
あんたは本当バカだね。
とか、
私ってすぐ落ち込むんだー。
とか、
何気なく何回も言ったり言われたりしていると、それが事実だと刷り込まれて、体はそのようにならなくてはと思うわけです。
ネガティブな言葉ほどその作用は強いので要注意です。
だから私は娘には、
◯◯ちゃんは運がいいから大丈夫。
と刷り込んで来ました。笑
子育てにも役立つ方法ですよね。
もし今治したい病気や不調を抱えていたら、それを過去のものとして口に出してみて下さい。
脳は、それは過去のもので今は違うんだ。
じゃあ体もそうならなくては!
と勝手に治る方向に向かって行きます。
なかなか心底思い込むのは難しいので、ちょいちょい口に出してみて下さい。
他にも色々な方法が載っていますので、興味のある方はこの本を読んでみて下さいね。